6/24練習日誌。‏

 指揮の岩本弦です。
 今日も前回に引き続き横浜で練習でした。朝から雨が降りそうな天気でしたが、なんとか持ったようです。


 オーボエのソリストが練習に初参加。バッハを一楽章から通して、休憩を挟みながらところどころ気になる所をやって、最後にもう一度通しで。


 最初にソリスト二人に並んで演奏したものの何だかしっくり行かなかったので、配置を変え向かい合ってみたところ、かなり効果が上がりました。ソリストの方々もこちらの方がお互い合わせやすいとのことで一安心。過去モーツァルトのコンチェルタンテの時は、ソリストが隣同士で弾いてもらいましたが、今回は勝手が違うようです。楽器の組み合わせによって工夫が必要なのですね、ひとつ勉強になりました。オーボエとの初合わせでしたか、バッハの良さをメンバーがそれぞれ感じることが出来たと思います。


 それにしても、バッハは本当にファンタジーあふれる音楽ですね!


wkt0624.jpg
(練習後の1枚)


スポンサーサイト
.25 2012 MEMBER'S VOICE comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

合奏団“京浜東北線の世界”

Author:合奏団“京浜東北線の世界”
 慶應義塾ワグネル・ソサィエティ・オーケストラの中で京浜東北線(根岸線)で練習後帰っていた仲間たちが中心となって結成しました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード

QR