6/10練習日誌。

 指揮の岩本弦です。

 今日は横浜で練習でした。
 ヴァイオリンのソロの負担も考えて、最初にバッハ、次にベートーヴェンの順で。 低弦は全員集合だったので、なかなか迫力のある響きでした。

 バッハでは、ソロとトゥッティのバランスの調整に時間をかけました。ピアノでは単に音を小さくするのではなく、周りの音を聴き合うように出来ると良いかなと思います。

 運命は1楽章をやっただけで、かなり疲れました。曲の持つエネルギーに気力を吸い取られるような感覚になります。譜面上では、そんなに複雑ではなくむしろシンプルなのですが、最初から最後まで息が抜けないくらいの緊張感がそうさせるのかも。今後は1楽章の後には軽く休憩をいれた方がお互いのためでしょう(笑)

 練習の終わりごろに、長くwktに貢献してくれたおふたりが来てくれました。しばらくは一緒に演奏する機会がないかもしれないけれど、またいつか同じ舞台に立てると良いですね!

スポンサーサイト
.10 2012 MEMBER'S VOICE comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wkt2011.blog27.fc2.com/tb.php/17-2ca21847

プロフィール

合奏団“京浜東北線の世界”

Author:合奏団“京浜東北線の世界”
 慶應義塾ワグネル・ソサィエティ・オーケストラの中で京浜東北線(根岸線)で練習後帰っていた仲間たちが中心となって結成しました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード

QR