合奏団 “京浜東北線の世界”とは


 合奏団”京浜東北線の世界”は、慶應義塾ワグネル・ソサィエティ・オーケストラの団員の中で、京浜東北線(根岸線)で練習後帰っていた仲間たちが中心となり、

・自分たちならではの音楽作りをし、発表したい
・一人一人が大きな役割を果たす小編成の合奏がしたい
・大きなオーケストラでは取り上げられない、モーツァルト、ハイドンなどの作品を演奏してみたい
・室内楽の発表の場がほしい

という意欲のもと、結成されました。

 ワグネルのチェロパートの演奏会の一部として2001年3月に弦楽演奏会を行ったのが活動のスタートです。2001年12月には、ワグネル外の友人や団員の親達を仲間に加えて、合奏団“京浜東北線の世界”として初の弦楽演奏会を行いました。2002年9月にはフィルハーモニアエテルナ、新交響楽団など方々のアマチュアオーケストラで活躍中のワグネルOB・OGや、団員の友人、そしてワグネルの現役団員に協力してもらい初めてモーツァルトの交響曲を演奏しました。

 モーツァルトを中心的にプログラムで取り上げながら、今年で結成10年目を迎えます。


train.gif



スポンサーサイト
.24 2011 WKTについて comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://wkt2011.blog27.fc2.com/tb.php/2-b7bbc0eb

プロフィール

合奏団“京浜東北線の世界”

Author:合奏団“京浜東北線の世界”
 慶應義塾ワグネル・ソサィエティ・オーケストラの中で京浜東北線(根岸線)で練習後帰っていた仲間たちが中心となって結成しました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード

QR